PUBLICATIONS



 

 

雑誌『日常』 2021年5月 

出版:まちやど協会発行

編集:真鶴出版

 

「イタリア、<共生精神>のルネサンス

   

日本まちやど協会は全国各地域の日常を、「まちやど」を通じて再発見する雑誌【日常】を2021年5月8日刊行し、イタリアの最新の観光事情、宿泊施設事情、社会経済事情を寄稿いたしました。
コロナ禍で世界中の観光業界が大打撃を受ける以前から、【日常】の地域風景を大切にしようと結成された日本まちやど協会。雑誌をつくることで、システムづくりよりも、日本の背後にある文化や信念を表現して伝え、「生きた運動体」としてスタートする第一歩の雑誌刊行の試みに参加させていただくことができました。

  


 

 

都市計画学会誌 2020年10月 

『イタリアに学ぶ、豊かさ』

  

【都市と農村を繋ぐ仕組み】

中橋恵「都市と農村を繋ぐ持続可能なモデル、アルベルゴ・ディフーゾ の山岳地域における波及効果の事例

 

 

「日本で法定の都市計画が始まって100年が経過したが、人口減少や自然との共生、2020年に入り、COVID-19の影響で都市や人口を分散させる必要性が生じている。その一方で、中間山地の過疎化が年々深刻化している。中心市街地での都市機能、農村保全や観光も、世界でも進んでいるようにみえるイタリアを特集として、イタリアの都市計画や地域計画について広く取り上げている。」都市計画学会HPより

  

 


 

 

調査報告書 2019年3月 

『ナポリにおける都市空間・住宅の使われ方からみたコミュニティ生活の実態と「豊かな」都市生活の検証』

中橋恵著  

 

 経済的にも豊かなイタリア北部は、「最も住みやすい町」とされていますが、自殺率が高いという矛盾した側面をもっています。その一方で、失業率も高く、都市における生活条件が悪いはずのイタリア南部の自殺者は低いというデータがあります。そこで、「住みやすい町」が必ずしも「豊かな生活ができる町」と一致しないという仮定から、ナポリの庶民地区の住宅環境、近隣関係、地区への帰属意識や愛着度を分析しました。2017年から、資料や文献、住民へのインタビューやアンケート結果から、考察しています。

 コミュニティの在り方、移民との共存、集合住宅の諸問題、歴史的建造物の保存・共存という視点でも、日本の都市像の将来に示唆することが多い報告書となっています。 

 この調査のきっかけを与えてくださった公益財団法人アーバンハウジングの理事長及び関係者の皆様に感謝いたします。

 


 

 

『イタリアの小さな村へーアルベルゴ・ディフーゾのおもてなし』2018年刊行

中橋恵/著 、森まゆみ/著 

 2015年から少しづつ取材してきたイタリア中のアルベルゴ・ディフィーゾ、2016年に森まゆみさんとまわった南イタリアの宿から、日本のみなさんにご紹介したい小さな村を20ヶ所選びました。アルベルゴ・ディフーゾとは、部屋が村中に分散しているという意味。震災後の地域再生のために、取り残された住宅をどう活用したら良いかと試行錯誤のなかで生まれたアイデアからスタートした宿泊施設のことです。本書は宿泊施設のガイドブックですが、イタリア中の過疎の村で、アルベルゴ・ディフーゾ をつくってみようと頑張っている20人の事業者と村人のストーリーでもあります。趣味で撮りためていた写真を使用する機会に恵まれるとは想像もしませんでした。わたし自身も、小さな村にゆっくり滞在してみることで、通常の慌ただしい旅行では気がつかなかった小さな草花や、古い建物のディテールなどに目を向けられるようになりました。村や村人の様子、滞在の雰囲気が伝わり、これからイタリアへの旅のイメージが膨らむことを願っています。


 

「建築」という生き方    南風舎 2018年刊行

 

陣内秀信監修、法政大学建築学科卒業生101人著

 

エッセイ「クリエイティブに育つにはーイタリア教育事情」in 第4章 旅行・海外を楽しむ

 

学校で建築を学んだ卒業生たちは社会へ出て、いったいどんな道を歩んでいるのだろうか。法政大学建築学科の卒業生、20代から70代まで101人がどんな生き方をしてきたのか、仕事を通して、社会活動を通して、趣味を通して、様々に生き方と信念を語る。そこには拡大する建築家の多様な世界が果てしなく広がっていた。

 


『CREATIVE LOCAL エリアリノベーション海外編』 2017年12月 刊行

今、日本各地で、従来型の都市計画やまちづくりではなく、小さな変化が連鎖し面的に広がる「エリアリノベーション」が起こっています。
日本より先に人口減少・縮退したイタリア、ドイツ、イギリス、アメリカ、チリの地方都市では、街が劇的に変わっています。
空き家・空き地を地域でシェアしたり、スローな観光で寂れた村を救ったり、建築家と住民が社会課題に挑んだりと、日本でも参考にしたいエリアリノベーションの最前線を紹介します。第1章「イタリア:アルベルゴ・ディフーゾー街全体をホテルにする新しい観光」を執筆しています。

 

 

 

 

『世界の地方創生ー辺境のスタートアップたち』 2017年5月 刊行

最先端は辺境にあり

ローカルビジネスに挑む起業家や自治体 。
先進木造、村ぐるみの宿、美酒佳肴、小規模公民連携、美食とラーニング、アートビジネス、森林活用、既存ストック活用
リスクをとって、最初の一歩を踏み出した人たちをレポート 。

第2章 「廃村危機の救世主アルベルゴ・ディフーゾ:イタリアの集落 」を執筆しています。


その他の論考
『ナポリにおける都市空間・住宅の使われ方からみたコミュニティ生活の実態と「豊かな」都市生活の検証』(公益財団法人アーバンハウジング 2019年)
「アルベルゴ・ディフーゾー」『Creative Localーエリア・リノベーション』(共著、学芸出版社、2017年)
「廃村危機の救世主アルベルゴ・ディフーゾーイタリアの村や集落」『世界の地方創生ー辺境のスタートアップたち』(共著、学芸出版社、2017年)
南イタリアイラストガイドブックー世界遺産の街をめぐる旅』(共著、メイツ出版、2016年)

『Waterfront(世界のウォーターフロント)』(共著、監修:横内憲久、財団法人 港湾空間高度化環境研究センター、2007年)
「レッチェ」『南イタリア都市の居住空間ーアマルフィ、レッチェ、シャッカ、サルディーニャ』(共著、編集:陣内秀信、中央公論社、2005年)
「イタリアでのサーヴェイ」『実測術』(共著、編集:陣内秀信・中山繁信学芸出版社、2001年)
「迷宮のバロック都市」『都市の破壊と再生ー場所の遺伝子を解読するー』(共著、編集:福井憲彦・陣内秀信、相模書房、2000年)


雑誌寄稿
「イタリアの空き家・空き建造物を利用した地域共創ーアルベルゴ・ディフーゾの事例ー」『建築と社会Vol.98』(日本建築協会2017年8月)
「ナポリ、たくましい貧困」『クロナカ』(日伊協会機関紙152号2017年冬号)
「ポジリポ」『リヴィングデザイン Vol.18』(風土社2001年)
「海外住まい事情 部屋から町まで」『住宅特集12月号』 (新建築社、2001年)
「ナポリにおける中庭住宅に関する研究−住宅発展プロセスと社会構成ー」『住宅総合研究財団論文集(32)』(2006年)
<Origine del paesaggio a Napoli e dintorni>, in La Riqualificazione delle coste del Mediterraneo fra tradizione sviluppo e interventi sostenibili, CITTAM 2003
<L'iconografia urbana in Giappone nei Rakuchu-rakugaizu del primo XVI secolo>,in citta` e Storia (Universita` degli Studi Roma Tre, CROMA, 2006